鍵というもの

日常生活に必要不可欠な鍵

鍵というもの

序論

私たちは鍵という道具を、日常生活の中のあらゆる場面で何気なく使っていますよね。このあまりにも当たり前に世の中で広く使用されている鍵ですが、これがもし日本のみならず世界中から消え失せてしまったとしたらどうなるでしょう?そんな事想像もつきませんよね。「いや、そんな事はない。昔の日本人の多くは家に鍵なんかかけなかった。古き良き日本家屋には、子どもなどの個人の部屋があったとしても、現代のように家族間で部屋にカギをつけてプライバシーを守る、といったような考え方はほとんどなかった。」、このようにおっしゃられる方もいることかと思います。しかし、ここではひとまずその事はおいて、「鍵」という文明の利器について思う存分語らせていただきます。お時間の許す限りどうぞお付き合いください。

鍵は私たちがその長い人生を過ごす家やオフィスビル、学校の教室はもちろん、自動車やバイク、自転車といった乗り物、さらに金庫やダイヤル暗証番号つきキャッシュボックスから、スーツケースやハンドバッグなどのカバン類、日記帳やアルバムなどの本関係にいたるまで、実に多種多様なものに付けられています。では、まずはその鍵というものの定義について語っていこうかと思います。

余談ですが、「TAIKO-5300デジタル錠 (自動施錠タイプ)」という鍵が便利そうだなと感じました。

鍵屋のご紹介

こたらの鍵屋が全国のカギトラブルを解決してくれます

Copyright(c)2014 鍵というもの All rights reserved.